赤飯ちゃんとすもも君14話

本日発売のシルフさまにて
「赤飯ちゃんとすもも君」第14話掲載中でございますー。

苺花の足の冷えが激しいので
服装も黒タイツを穿かせてみました。

先日の下描きはペン入れとトーンを経て
こんな感じに仕上がりましたーφ(..)

上の画像3つ見ていただくとわかりますが
アナログ原稿なのに擬音だけデジタルで作ったものを
プリントして切って貼っております。


工程としては


A4コピー用紙に擬音を太めのマジックペンで書く

PC開けてスキャナーで取り込む

フォトショで文字白塗りつぶし、境界線を書く

印刷

原稿にのりで貼る(原稿ベッタベタ)


という感じです。



「手描きでいいのではないかい?」


とまわりの方々には思われてしまいそうですが
この方が文字に角がないような気がしてやってます。


「そっか、でも手描きでいいのではないかい?」


と言われそうなこと120%ですがこれが何故かいいのです。
でも原稿と手はスティックのりでベタベタになります。
(↑昔から図工が全くできない為)


最近は↑のようなホワホワトーンを入れるために
コマ線の時点であらかじめ余白を残しておくということが
出来るようになりますた。


ホワホワトーン?




今回は最後のページの↑の一言にかなり頭を悩ませました。


すももにたった一言しゃべらせるだけなのに
ネーム用ノートを広げ左手をあごに添えたままの恰好で
3時間止まっていたようです。
気付いたら体がめちゃくちゃ痛かった…。
(これを無音空間で何日間か繰り返す∞)


すももの最後の一言が
次回、その先の回、そして苺花へと
繋がればいいなぁと思い選びました。



そんな第14話
「赤飯、王子様に出会えました!」
元気に掲載中でございますー。


どぞどぞ、よろしくお願いいたしますーφ(..)/

 

スポンサーサイト

  • 2017.03.23 Thursday
  • -
  • 08:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク